かめさきこども・アレルギークリニック

院長 医学博士 亀崎 佐織
日本小児科学会認定小児科専門医
日本アレルギー学会認定アレルギー専門医
〒561-0872
大阪府豊中市寺内2丁目10番8号

電話:06-6865-5300

よくあるこどもの病気(アレルギー以外)

鼻水・鼻づまり

鼻水は、かぜ、いわゆる上気道炎のなかでもっとも多いものです。鼻の粘膜はウイルスが一番最初に侵入しやすい場所なので症状も最初のことが多いです。冬に空気が冷たくなったり乾燥したりするとそれだけで鼻水が出やすくなることもあります。

赤ちゃんはとくに鼻からのどに通じる道が細くてやわらかく粘膜も敏感なので、すぐ鼻づまりを起こします。寝ているときに寝苦しかったり、お乳を吸うときに息がしにくく飲みにくかったりします。みずっぱななら放っておいてもいいのですが、鼻がつまって寝にくい、飲みにくい、という状態なら受診したほうがいいかも。室内を加湿したり入浴で湯気にあたると鼻はとおりやすくなります。

もう少し年長児の慢性の鼻水、鼻づまりはアレルギー性鼻炎のことがあります。 よく鼻をかんで楽になるようならいいのですが、ずっと症状が楽にならないと、いらいらしたり集中力が落ちたりします。アレルギー検査で原因を調べ、抗アレルギー薬を使うと楽になります。耳鼻科かアレルギー科にご相談ください。

このページの先頭へ